<紙>さんHP

ここでは、「<紙>さんLoG」(ブログ)に書いた事項に関するプログラム等々を載せて行きます。

 <紙>さんLoGの補遺

     2011年2月6日記事 Jmol 出力 VRML を、AccuTrans 3D で変換 ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2011年1月29日記事 PDB to to to PDF(3D) ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2010年12月27日記事 Mathematica で、PDB to 3DS ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2010年12月24日記事 Jmol で、VRML 形式出力 ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2010年11月27日記事 分子構造図 3D PDF化2 ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2010年11月20日記事 分子構造図 3D PDF 化 ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2010年11月14日記事 3D PDF ・・・・・⇒ PDF 3D へ

     2008年9月5日記事『Bart PE』 ・・・・・⇒ Bart PEへ

     2008年6月30日記事『PIC(9) mikroBASIC』 ・・・・・⇒ PIC_mouseへ

 [PCクリニック]関連記事のインデックス

  PIC リンク集

 

 <紙>さんLoG(ブログ)では、

「PCクリニック」

  トラブルシューティング:PC立ち上がらず。動作が重い。・・・・・

  ちょっとした裏技:ライセンス。体験版。期限。・・・・・

  ブラウザ:Kinza、ブックマークツール:JCBookmark、ダウンローダ:cURL、wget for Windows

  関連情報、・・・・・MPICH2、Fork、ActiveBASIC、ImageJ、Emscripten、gnuplot、Euler(EMT)、GraphicsMagick

  Lua(GSL Shell)、NYAOS、C言語(gcc)、Python(WinPython)、SpiderMonkey(js-ctypes)、Perl、R、g95(FORTRAN)

  自作モジュール:LuaPy、LuaPy_GSL

  IDE:Relo、TDM-GCC、Code::Blocks

  VMware Player、・・・ フリーソフトあれこれ

「理科部 部活」

  分子構造3D表示。Facio、Mercury、VESTA、Jmol、WinMostar、

     Materials Stadio、Molekel、Diamond、PCW、

     Chime、RasMol、RasTop、Oscail、Moilin

     (2D)symyx draw、JMEエディタ

  データベース:COD(Crystallography Open Database)、ICSD(無機結晶構造データベース)

     NIMS 物質・材料データベース、CSD、AMCSD、Mineralogy Database、日化辞Web

     Crystal Lattice Structures、ATHENA MINERALOGY、molecules alphabetically、

     Common Compound Library、ChemIDplus、3DMET、COMPOUND database、

     PubChem、RIO-DB、C@ROL

  分子軌道法:MOPAC、PC GAMESS/Firefly、WinMOPAC、SCIGRESS MO Compact

  分子動力学:CP2K

  CFD:OpenFORM、Elmer、Fitting

 「Linux系」

  Cygwin、g95(FORTRAN)、C(gcc)、LAPACK、Perl、AWK、Python

  CAELinux2011(Ubuntu)、GeekoCFD(OpenSUSE)

  andLinux、coLinux

 「PIC・マイコン」

  PIC: 12F683、16F84A、16F648A、16F88、16F873A、16F877A、18F2550

  コンパイラ: mikro BASIC、Great Cow BASIC、Swordfish BASIC、SDCC、C18

  その他マイコン: 78K0、 ColdFire

  USBアクセス・・・・・HID、USART、RS232C

  水魚堂エディタ

 「その他」

  Mathematica、WBS Chart Pro、カレイダグラフ、Igor Pro、ImageJ、Maxima、PARI/GP

  もろもろ、PCW、POV-Ray、VRML

  気の付いた事柄

<紙>さんLoG 0619

inserted by FC2 system